アイフルのカードローンで【ホッ】としよう

絶対に審査が通るカードローンがあればいいんだけど、そんな夢のような話あるわけないし、審査が通るかどうかの不安な気持ちって辛いし、何度経験しても慣れないモノですね。そんな感覚を少しでも軽減できないかなぁと考えてみたんですが、まぁ世の中はそんなに甘くないですね。考えついたのは審査基準が比較的緩いところを見つけよう!くらいでした。それでもやらないよりはマシかな?と色々思案してみることにしました。

はっきり言ってしまうと、どこの業者が審査が緩くてどこの業者が厳しいというのは、利用する側の環境によりまったく異なってくるものだし、当然業者によっても違いがあるだろうし、悩むところだけど一つ言えるのは、銀行系カードローンの審査基準より、消費者金融系のカードローンの審査基準のほうが緩いということでしょうか。これに関しては、もはや一般に知れ渡っていることでしょう。収入が不安定だったり、多重債務者だったりすると銀行系カードローンの場合は審査不通過になる可能性が高く、基準が厳しめであるという認識に対し、貸付条件も遜色ないし、職業や収入に関しても比較的に緩めの基準設定されている消費者金融系カードローン、これを利用するのがなんだかんだ言っても審査に対するストレスが一番少ないのではないのかなという結論に至りました。簡単な答えに辿り着くのに曲折を経てゴクロウサンといった感じでしょうか。

さて、消費者金融系カードローンに的を絞ると決めたのはいいんだけど、いったいどこの業者を選べば良いのやらワカラナイので、人気があるメジャーどころを五十音順で調べて一番最初のアイフルにアプローチしてみようかと考えました。調べてみると、やはり消費者金融系らしく貸付対象者の設定が広くというか大きくというか寛容に設定されているようで、基本条件として満20歳以上で安定した収入のある方と説明されていますが、解釈の仕方によりますが正社員として働く人だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員、主婦の方も対象としていると考えられます。このへんが人気の理由の一つなのかなとおもいました。

総量規制の対象ということもあり融資限度額は300万円、設定金利は6.8~18.0%。この数字に関しては少々物足りない感じは否めないのですが、それを補って余りある魅力がアイフルにはあるようです。来店不要で即日融資が可能であるということや、返済方法も多数で、近くにある銀行やコンビニを使って返済できる便利さもあるようです。また月々の返済額を知ることができる返済シミュレーションを利用できるのもウレシイことです。安心のアイフルと言うだけのことはあって、テレビCMのように利用者を【ホッ】とさせるように頑張っているのだなぁと感じました。